2015年5月アーカイブ

あじさい

| コメント(0)

「あじさいが咲いていたよ」

うれしそうに娘が話す

あじさいは娘が生まれたときに咲いていた花

予定日より10日遅れた初産を

ゆっくりと待ちながら眺めていた花

娘の小さい頃そう話して聞かせた

娘にとっても特別な花であることが嬉しい

そう聞いて眼をひらいてみたら

電車の車窓からまだ白いあじさいがみえた

------------------------
今日の幸せ

二通の葉書を書いたこと。それぞれに思いを込めて。