2014年12月アーカイブ

白泉社 2014

「前進の」と帯にあるとおりだった

もうすぐ終える学生生活に「気持ちの落としどころ」を

見つけたこと

そしてなによりひなたへの(とんでもない形の)プロポーズ

いけ、そうだ、戦え、大事なものを守るために

君は今戦士だ

この作品にこんなにも心満ちるのはなぜだろうと考える

ああ

おもいあたったけれどここには書かない

CAD0YQ2M.jpg
------------------------
今日の幸せ
家族のクリスマスパーティーのメニューは
平日の谷間に慌しく
お昼はピザハットとプチトマト、野菜スティック、
夜は出前のお寿司。
ピザにはスパークリングワイン
お寿司には白ワイン
おなかがいっぱいおしゃべりいっぱい

集英社文庫 2014

生後2か月の姪「なずな」を一人預かることになった40代の主人公男性

やわらかく やさしく 見守り手を差し伸べる周囲の人間関係

育ってゆくなずな

娘の赤ん坊のころが切々とよみがえり

もう二度と抱けないあのころの小さな娘を

もっと抱いておくのだったと

中学1年生に成長した娘を不思議に眺める

そう

赤ん坊は中心点だ

CAIIL8H0.jpg

------------------------
今日の幸せ

家族でのクリスマスパーティ