2011年10月アーカイブ

季節は巡る

| コメント(0)

きもちに余裕がなくって
日々をばたばたとすごしているうちに

金木犀が咲き、散った
銀木犀の木を初めてみつけた

銀杏の木に銀杏が鈴なりになっているのを見た

落ち葉が足元でかさこそ音をたてるようになった

チューリップの球根を植えた

人のぬくもりがこいしくなった

そんな秋の終わり
冬のはじめ

--------------------------
今日の幸せ:
 娘のおともだちのところから明太子をいただいた。
 私も同居人も大好き。わあい!