2010年5月アーカイブ

梅酒作り

| コメント(0)

例年は梅ジュースを仕込むのですが、
今年は思い立って梅酒に挑戦することにしました。

なじみの飲み屋でマスターが作る、酸っぱい梅酒がとても美味しくて、
真似したいなあ、と去年話を聞いたのがきっかけ。
砂糖なしで、黒糖梅酒で漬けるんだって。

挑戦するにあたりいろいろ調べてみたら、砂糖なしで美味しく作るのは
ハードルが高そうなので、初心者としては断念。
漬けるお酒はホワイトリカー(アルコール度35度)がメジャーで
失敗がないのはもちろんなのだけれど、
ホワイトリカー特有のキンキンした味になる印象があるので
(昔金柑酒を作ったときそう思った)どうしても避けたいと思い、
いろいろ調べたら
芋焼酎や麦焼酎で作るレシピもたくさんあって
なんとかなりそうだと結論。

ただしアルコール度が低い分(大抵25度)、
梅の実がしっかり殺菌されるよう
つける手順に注意が必要ということも学びました。

一番参考にさせていただいたサイトはこちら。

スペシャル対談「手作り梅酒の秘訣」http://www.minabe.net/umelife/umesyu/taidan/01.html

いろいろ考えたり選んだりした末以下の配合になりました。
・青梅2Lサイズ1キロ
・氷砂糖500グラム(通常の半量)
・黒糖焼酎「れんと」1.5リットル(アルコール度25度)

さて上手にできるでしょうか。
毎日様子を観ながら、ひとまずは半年後のお楽しみです。

ST330140.JPG

-----------------
今日の幸せ:
    カロリー気になるけど
    買い置きのハーゲンダッツのハニーバニラ食べちゃおう!

先日夫が買ってきたオレンジのバラ。
買ってきて飾るのはもちろんだけれど、
そのあと毎日水を取り替えたりして様子をみるのが好きだ。

少し日が経って切り口がいたんできたので、
今日は水切りをもう一度した。
これで吸い上げがよくなるといいな。
切り花の命は短いから、その分手をかけたいと思うのだ。

ST330138.JPG

--------------
今日の幸せ:
   紅茶をいれてゴマとピーナツのフロランタを食べる。

自分の生活

一人暮らししていたときには
朝起きてヨガをして
紅茶をつくってバゲットで朝食
本を読んで
昼ごはんはたいていパスタ
午後も本を読んだりWEBをみたり
時にはビーズ細工をつくり
夕方になるとお風呂に入り
軽くお酒を飲んで
日記を書いて眠った

家族暮らしをしていると、なぜそうできないのかな
子供の世話が優先になるからかな
無理しなくていいといわれながらも
夫が家事をしているそばで
好き勝手なことをしているのは自然と気がひけるのだろうか
具合悪いからって寝ていたほうが楽だからだろうか

今朝は朝食にも起きずに午前中眠り続けて
昼になってやっと起き
ヨガをして
チーズパスタで昼食をとり
そして紅茶をいれた
値段がお手ごろで味も香りも気に入っている
ルピシアのケニルワース

紅茶をいれる一連の作業

ぐらぐらとお湯を沸かして
ポットに一気に注ぎ込み
ティーコゼーをかけて
タイマーで抽出時間を計って待つ
時間が来て
抽出具合を確かめてから
ポットを軽くスイングさせて
暖めておいたカップに注ぐ

この作業をしているとなんだか
「地に足がついた」思いがするのだ

ひさしぶりに紅茶をのんで
こんなことを考える
気持ちは穏やかだ

明日も紅茶をいれよう

ST330137.JPG

---------------
今日の幸せ
  紅茶のお供のスイートポテトがとても美味しい。

神様を信じている友人に、「どんな風に信じているの?」と尋ねたら、
彼は目の前にシャープペンを一本置き、
「信じる、というのはここにシャープペンが一本ある、というのを信じるというのとは違う。
そんな風に信じている。」と言った。

信じるというのは根拠のないことだ。
根拠があったらそれは事実でしかないのだから。

私が今感じている不安も、自信のなさも、根拠がないのだから、
安心を得ることにも根拠はいらない。
ためしに安心してみよう。きっと大丈夫だから。

------------------
今日の幸せ:
  目覚めたら夫が待っていてくれた。ありがとう。

去年の今頃、私の精神状態は荒れ狂っていて、
異動先の仕事ですり減らした神経をなだめながら、
それでも再休職しなければならなかった悔しさと悲しみで打ちひしがれ、
でも仕事のことを考えるだけで怖くて。

そしてひどいことをしてしまった。

あれから一年経って、さまざまなやり取りを経て、
どうにか家族暮らしているけれど、
私はこの季節の、生暖かい風に誘われて、
また荒れ狂い、あの時と同じことをしてしまいそうでこわいのだ。

隔離しなければ。危ない。あぶない。
家族を、私を、危険にさらす前に、取り返しのつかないことになる前に。

-------------------------
今日の幸せ:
  プランターに植えた大葉がぐんぐんと育つ。

5月12日に、小沢健二のひふみよに読み物が追加されてた。
http://hihumiyo.net/sdp_20.html

そして17日には「ひふみよをつくる(第二回)」も公開の予定とのこと。

ああ、もうすぐなんだなあ。

-------------------
今日の幸せ:
  プランターのプチトマトに黄色い花が咲いているのを見つけたよ。

「希望」は「希な望み」と書く。
決して希望は溢れない。
真っ暗闇の中、遠くかすかに望む、そんな灯り。

---------------
今日の幸せ:
山形の郷土料理「だし」を手作り。
ひどい扁桃腺炎で喉がつらいのだけれど、これなら食べられそう。
美味しくできたので、ご飯の炊き上がりが楽しみ。

連休明けてもどってきてから、ずっと本を読み続けていた。
幸田文の「雀の手帳」を読んだ後は、
図書館からJ・Kローリングのハリーポッターを第4巻から最終巻まで借りてきて、
ただただ没頭した。
昨夜やっと最終巻を読み終えて、脱力している。

次には上村菜穂子の「天と地の守り人」3冊を用意している。
ハリーポッターが頭の中をぐるぐる回るこの状態が収まったら
読み始めるつもり。

現実を飛び越えて、物語の世界に飛び込むことが
こんなに楽しい。
-----------------
今日の幸せ:
  ベランダのプランターに先週から植えた植物たちが揃っている。
  ミニトマト、ミント、紫蘇、バジル、行者にんにく。