2009年12月アーカイブ

15時くらいからピザ用にパン生地をこねはじめる。
イーストの香りがただよう。
わたしもパン生地をこねるのは好きだけれど、
夫がこねるにしたがってかわってゆくパン生地の(グルテンの)様子を見ていて、
非力な私より夫のほうがスムーズにこねられるんだなあ、と素直に思う。

ST330049001.JPG

「一次発酵に入ったら(お酒)飲みはじめようよ」と言われてうれしい。

発酵させながら赤ワインをあける。
おつまみはマッシュルームを半パック塩とオリーブオイルで。
あとの半パックはピザの具だからまだ食べちゃダメ。
ホタルイカのオリーブオイル漬けもおいしい。

赤ワインを一本飲み終わったあたりで17時。
もうすぐ娘が学童から帰ってくるから、お酒は休憩。

帰ってきた娘に、転校した友達から届いたクリスマスカードを渡す。
早速お返事に年賀状を書く娘。

みんなでピザの具をのせて焼いたら、おいしそうにできました。
娘が一生懸命切り分けてくれる。

ST330050001.JPG

大人はシャンパンをあけて、娘はカルピスをついで、乾杯。

おいしくて酔っぱらって、わたしは悪い癖でもっと飲みたくなる。
「酔っぱらったママ嫌い」といつものセリフを娘から言われながら、
ワインを買い足しに酒屋さんへ。

帰ってきたら娘と夫はお風呂を済ませている。
娘はサンタさんのことを心配しておろおろした揚句、
「そうだ、早く寝ればわかる!」と建設的な結論に至ってさっさとベットへ。
大人はもう少し飲もうと思ったけれど、夫が先に夢の中・・・・。

クリスマスの今朝。娘の第一声は、「サンタさんお手紙持っていってくれた!」。
そしてプレゼントは、
NintendoDSiのライムグリーンと、マリオパーティのソフトと、お菓子の入ったクリスマスエッグ。
「わたしの欲しいもの、やっぱりわかってくれたんだ!サンタさんありがとう!」

今日が娘の終業式。クリスマスケーキが出てくるのは今夜です。

今年はほんとうにたくさんのことがあったけれど、
こうして家族でクリスマスを過ごせるなんて素晴らしいね。

冬至なので

| コメント(2)

今日は冬至なので、明日から陽が長くなると思うととてもうれしい。
陽が短いと気分が落ち込むので、11月~12月は毎年気分の調子が悪い。
20才過ぎたころから自覚した症状だけれど。

キャンドルナイトというのを聞いたので、やってみた。
ST330048.JPG

お風呂はゆず湯のかわりに、レモングラスのアロマオイルを入れて気持ちよく入った。

今黒霧島(芋焼酎)のお湯割りを飲みながらこれを書いている。
ろうそくはもう消えそう。
もう終わりそうなときに一層燃え上がるのはどうしてだろう。
炎をつまみに呑むのもいいものです。

先日しょうがご飯を作って以来凝っているしょうが。
今度はしょうがシロップを作ることにしました。
しょうがご飯のときと同じく「ほぼ日刊イトイ新聞」の
「しょうがのお勉強。」
http://www.1101.com/ginger/index.html
を読んで手順は倣いましたが、
材料にクローブやらシナモンやらをそろえる手間は省いて、
とっても手抜き。しょうがと白砂糖だけでつくりました。

スライスしたしょうがひとかたまりに白砂糖をまぶしたところ。
ST330045.JPG

しょうが一個から作れるシロップはこのくらいの量。
ST330047.JPG
やっぱり今度1キロくらい買ってきてたくさん作りたいと思いました。

煮たあとのしょうがはざるに広げて天日干し。
ST330046.JPG
これはなかなかおいしいおやつになりました。

寒いときにあったまるものを作るのは幸せ。

最初におや?と思ったのは一昨日の日曜日。
出かけようと防寒ばっちりでバイクに乗ろうとして
スタータースイッチを押したら、
セルがほんのちょっと回ってあとはプスプスプス・・・・・
おやおや?と思ってみると、ガソリンメーターがEMPTY切っていました。
ああ、ガス欠かあ、と思い、徒歩3分のガススタンドへ。
徒歩3分でも125CCスクーター押して歩くのは大変でした。
しかし、着いて分かったことに、そのスタンドは日曜日休みだったのです(泣)

さて今日。明日バイクを使うつもりで、今日のうちにガソリンを入れてきました。
(またガソリンスタンドまで押して歩いた)

でも・・・・やっぱりエンジンがかからない。
スタンドの前でおろおろするのが恥ずかしく、
また押して帰ってきました。
スタンドの人にはどう思われていたかなあ・・・。

その後自宅マンションの前で何度かスタータースイッチを押しても
プスプスいうだけ。
仕方がないので自宅でWEB検索。
キーワード「バイク エンジンがかからない」としてみると、結構出てくるものですね。

「私だけじゃないんだ」と妙な安心を覚えつつ、
いくつかのチェックポイントをおさらい。
①世の中のバイクにはキルスイッチというエンジン非常停止スイッチがあるらしい
 →私のバイクは台湾製のせいなのか、そんな赤いスイッチは見当たらない。たぶん。
②バッテリー切れ?
 →試しにクラクションを鳴らしてみましょう、と書いてあったのでやってみる。鳴る。
   バッテリーは生きているらしい。
③キッククランクを試してみる
 →やや音は違うけど、やっぱりかからない。

以上で私はお手上げです。
あとはセルモーターの故障とか、スイッチの接触不良とか、
いろいろ読んだけれど、それは修理屋さんに持っていけた時にどうにかなること。
動かないことには修理屋さんにもいけない。まいった。
キッククランクが下手なのかもしれない。今度無理しない程度にまた試してみよう。

バイクと格闘していたらめげた。
夕飯、ちょっと元気のつくもの食べたいな。餃子かな。


さみしさ

| コメント(0)

友人とワインと一緒にすごした夜を思い出す。
家族と過ごしたあと急にひとりになる。

ひとりが楽だといいながら
さみしさに打ちのめされる時間がある。

布団を敷いてまるくなろう。

こわい夢をみないように。うなされても誰もいないから。
楽しい夢をみないように。目覚めたときさみしいから。


タイトルのとおりなんですけどね。幸せだったの。

私の食生活ににんにくは必需品なので、
帰り道にイトーヨーカドーを
覗いたら、子供のこぶしくらいあるそれは立派なにんにくが、
一個198円。
一房ずつ見事で、焼き鳥屋さんで串刺しで出て来るようなの。
見事なの。でもね、私の食生活ではスライスしたりつぶしたりするんだから、
そんなに見事じゃなくていいの・・・・・。

と思って、時間に余裕があったのでイトーヨーカドーはすり抜け、
以前散歩のときに見かけた「いかにも八百屋さん」までトコトコ歩いたのでした。

さすが八百屋さんです。ありました!写真のとおり!
お店のお姉さんの「おいしいんだよ、これ」とのコメントつきで買ってきました。
ST330039.JPG
小粒なのです。それでいいのです。

ちなみに八百屋さんの隣には「いかにも魚屋さん」があって、
立派な鯵5匹で380円とか、天然ブリ一本2000円を眺めて
目の保養をして帰ってきたことでした。

今日はしょうがご飯をはじめて作ってみた。
食べるのも作るのもはじめて。
楽しかったので覚書します。

なぜ作ったかというと、愛読しているほぼ日刊イトイ新聞「しょうがのお勉強」が
とても面白かったし、おいしそうだったから。
数回あるけれど、しょうがご飯登場の回はこちら。
http://www.1101.com/ginger/2009-11-25.html
イトイ新聞の記事を読みながら、
今まで魚の薬味としてしか考えていなかったしょうがを見直したわけです。
で、しょうがご飯のレシピは簡単。しょうがと油揚げを刻んで入れて炊くだけ!

というわけで本日実行。
イトイ新聞のレシピではしょうがと油揚げ以外は入れないのですが、
愛用しているクロワッサンの料理本のほうには「だしとみりんとしょうゆと塩」を入れる、
と書いてありました。

なにせ食べるのも作るのもはじめてだから加減がわからない。
ちょっと悩んだ結果、
かつおだしは先日まとめてとって
冷蔵庫に入れてあるのがあったのでたっぷり使い、
みりんとしょうゆと塩は気持ち入れる、くらいにしました。
米に対するしょうがと油揚げの量も考えながら、
今回は米3合に対して親指3本分くらいのしょうがと油揚げ一枚を入れました。
それぞれ千切り。

↓こんな感じ

ST330034.JPG

炊飯器から蒸気があがってくると、ほんのりしょうがの香り。

↓出来上がり
ST330036.JPG

しょうがってこんなに食べられるんだ!とびっくりするほど、
すいすいおなかに入る上品なご飯になりました。
すっきりして、お米なのにいくらでも食べられそう。

次回は「炊き込みご飯」って感じに、調味料を効かせて、
やや濃い目の味に仕上げてみようと思います。きっとどっちもおいしい。

ご飯の後は、剥いたしょうがの皮を煮出してしょうが湯を作り、
蜂蜜を入れて飲みました。あったまる~
ST330037.JPG

しょうがの新しい魅力を発見した今日でした。
幸せだなあ。

久しぶりにビーズ細工をする。
実家にいたビーズ細工後半は、
ビーズ糸と針で一目一目縫う繊細な作業に
凝ってしまって少々疲れていたので、
今回は針を使わず手で作れる単純なクロスモチーフ。

愛車のバイク(125CC ヤマハビーノ)の鍵につけたかったので、
かっちりして丈夫なものを選んだ。
最後の仕上げの際に中間のテグスをうっかり切ってしまうという
トラブルはあったけれど、何とか修復。
久しぶりに手の中でものが出来上がって満足。
今日も幸せだ。

ST330033.JPG