2009年9月アーカイブ

先日針で編むビーズ細工の本を仕入れたので、
基本のスパイラルロープに挑戦してみました。

けっこう綺麗にできたかな?
本にはブレスレット例が載っていたけれど、
長く編むのに疲れ、よく考えてみるとブレスレットってそんなに使わないし、
短く終わらせてピアスにしてみました。
どうでしょう?
ビーズスパイラル090929.jpg

友人が手紙に書いてくれた言葉がある。
「自分ができることは限られているのだから、できることをやる。
それが私のささやかな信条です。」

誰にも世界のすべての悲しみを救うことはできないけれど、
一人に手紙を出すことはできる。

なんて世界は困難に満ちているのだろうと打ちひしがれることはたやすいけれど、
小さな一歩を踏み出すほうが絶対いい。半歩だとしても。

そんな感じのことを日々自分に言い聞かせて生きている毎日。

ここから本題。
先日保健所に行ったら臓器移植意思表示カードがおいてあったので
「脳死時に提供」に○をしました。
(ちなみに眼球だけは以前夫が嫌がったので提供対象外にしてます。)


以前は臓器移植嫌だったのです。生理的な嫌悪感、というか、
神の領域みたいなものに手をつけているのではないか、というか、
そんな理由で嫌だった。
それが、8年前に娘を産んだらあっさりひっくり返った。
「この子が病で、移植すれば助かるがどうする?となったら絶対に移植を望むだろう。」
と強く強く思ったから。
自分がそう思って初めて、そう思う人の気持ちに思いを馳せることができたから。

だからもし機会があったら、私の臓器でそう思う人の気持ちを助けることが
できるなら、移植に使って欲しいと思っています。

今回カードだけれど、運転免許証の下に貼るシール式のものもある。
シールのほうがカード入れが膨らまなくて便利。
シールは警察署とか免許更新事務所とかに置いてあるはずなのだけど
前回更新の時にうっかりしてその後行く機会がなく。

もし役に立つことがあるならば。
もし私の大事な人が移植を必要とする病にかかったとするならば。

そんな想像、いつもはしないけれどたまにはしてもいい。
臓器移植意思表示090928.jpg

秋の栗

| コメント(0)

ぼとぼとと栗の落ちる音がする。
いちいち音にびっくりしておどおどしている実家の番犬。
散歩するときにも栗のイガを踏まないようそろりそろりと歩く。

山栗は小さい。
その小さい栗を夜、母がひとつひとつ剥いている背中を眺める。
栗の剥いた皮は、草木染めをする方のために乾かして貯めてある。

こうやって秋が深まっている。
栗090925.jpgむき栗090925.jpg

長崎から帰ってきました。
心がすんなりした。

詳しくは旅日記でもまた書きます。
写真は風頭山から眺めた長崎の街。

小箱に収められたような街。

nagasakienkeikazagashira.jpg

一人旅へ。

| コメント(0)

今日これから長崎へ行きます。
久しぶりの一人旅。そして長崎は13年ぶり。

13年前、学生時代に行って書いた旅行の記録を読み返しました。
http://www.vancool.com/mi/nagasaki.html

このときは青春18きっぷの、車中2泊長崎1泊の旅でしたが、
今回は飛行機で4泊の旅です。
旅の仕方は変わりますが、感じるものは、何が変わるでしょうか。

自分が感じることが楽しみです。

では、行ってきます。

腹巻きを買った。

冷え性なので、腹巻きには前々から興味があったし、
この春には無印良品で「はらまきパジャマ」という、
ズボンに薄い腹巻きがくっついているのを買って
気に入ったりしていたけれど、
本物の腹巻きを買ったのは初めて。

購入を後押ししてくれたのは「ほぼ日刊イトイ新聞」の
ほぼ日ハラマキだ。
http://www.1101.com/store/haramaki/index.html

サイトを見たら、かわいー柄のが並んでいるではないか。
これならハラマキじゃなくても?欲しい!と思って早速購入。

そして昨日から着けはじめたら、これが暖かい!
おなかがしっかりあったかいということで体中が安心する心地のよさ。
もう手放せません。

上記サイトでまだ売っていますので、(一部デザインは完売)
興味のある方、お勧めです!!!!

↓私が買ったのはこれ。Sサイズ。胸の下から腰骨まで覆ってくれてよい。
はらまき.jpg

乳腺症?

| コメント(0)

先日健康診断に行って乳房の触診を受けたら、
「しこりではないけれども乳腺が・・・・・。念のためエコー検査を受けることを薦めます。」

と言われた。 
こころあたりがなかったので少しびっくりして、
乳腺が具体的にどうなのか聞きそびれてしまった。
とにかく乳腺外来というのがあるところに行きなさい、とのことを聞き取って帰った。

それにしても何だって健康診断ってのはあんなにたらい回しなんだ・・・・。
ちょっとくらい話してくれたっていいじゃないかあ・・・・。

まあともあれ、近くに検査をしてくれる病院を見つけたので、
こんどの金曜日に行く予定を入れた。
WEBですこし調べたら、乳腺症という病気があるらしい。

ほかに心配することはたくさんあるし、
自分の体なんてどうでもいいと思ってしまう
ことさえあるのだけれど・・・・・。

自分を大切にしなくてはね。ちゃんと検査してもらって、それから考えよう。

6月から相変わらず続けているビーズ細工。
今は、人造パールの粒で作るのに凝っている。
簡単なつくりでもいい感じになるので便利。

写真はここ最近作ったピアス二種類と、ブレスレット。
ピアスは来週会う友人に気に入ったほうをもらってもらおうと思っている。

喜んでもらえるといいなあ。

もっといろいろなものをつくりたい!という欲が出ていて、
来週上京するときに大きな手芸屋へ行って、
あれこれ買おうとリスト作成中。
手の中で物ができていくのって、いい。・・・ってこれ前にも書いたかな?
ビーズパール090905.jpg

2007年初版。幻冬社文庫。

私がよく読む雑誌のNo1.はSPA!で、
ここでゲッツ板谷のやってる連載も面白いときがよくある。
(ハズレのときは大ハズレ!)

で、この本・・・・面白い!ぐんぐん惹きこまれる。
中学3年生の、「悪くてボロボロ(ワルボロ)」な瞬間が色濃く
切り取られて、胸がつまる。

胸がつまるのは、自分の青春と重ね合わせるから。
小さな(でも本人にとっては重大な)恋、隠れて飲んだお酒、
友人との、精いっぱい背伸びしたおしゃべり。
一年間続けたケンカ、
辛くて泣いたこともたくさんあったのに、
今思い出すと楽しくて楽しくて仕方なかった日々。

私は板谷みたいにボンタンはいて短ラン着てケンカしてたんじゃないけど、
ヤンキーだったんじゃないけど、
板谷のすごした青春は私の青春と違うのに同じだ。

不思議だ。
胸がつまる切なさを感じながら思いっきり笑いたい人に読んでもらいたいです。

ワルボロ.jpg