2009年8月アーカイブ

グインサーガの127巻、128巻。それぞれ栗本薫の死後の6月、8月に刊行されたもの。
「これからどうなるんだろう!!!!」とどきどきさせられる物語の流れなのに、
これから中原で何かが起こるところなのに、
この物語をつむぐ心と手はこの世から失われてしまったことを改めて思う。

6月刊行の127巻のあとがきは4月に書かれた。亡くなる少し前だ。
8月刊行分にはあとがきがない。
彼女が書き残したのは今年刊行分だという。あと10月に129巻、12月に130巻。
それで終わり・・・・。

あの栗本薫だもの、実はもう転生していて、続きを書く準備をしていたりしてね!
guin127128.jpg

先日しそとシーチキンの寿司飯混ぜご飯をつくってから、
「しそとシーチキン」の組み合わせって
美味しい・手軽・便利だと知りました。
いろいろ応用しようと思って、
今日のお昼はぶっかけそうめんのしそシーチキンでした。

終わりそうな夏。よく食べたそうめんも、
こうやってみるとちょっと目先が変わって、
飽きずに食べられるかな、と思って。美味しかった♪

もう暑くならないのかな~しそを摘む楽しみがなくなっちゃうなあ~。

ぶっかけそうめん.jpg

mixiニュースで知ったCoccoの自傷。
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=943255&media_id=8

アマゾンで雑誌の表紙になったCoccoの姿を見て、胸が痛い。
41PuKHQF5ML._SS500_.jpg
アマゾンサイトURL
http://www.amazon.co.jp/papyrus-%E3%83%91%E3%83%94%E3%83%AB%E3%82%B9-2009%E5%B9%B4-10%E6%9C%88%E5%8F%B7-%E9%9B%91%E8%AA%8C/dp/B002JP9TH4/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1251424996&sr=1-1
(papyrus (パピルス) 2009年 10月号 [雑誌] )

このmixiニュースで日記を書いている人の多くも、
同じような女性で胸が痛い。

私も自傷癖がある。
癖になっているのは手や腕を噛むこと。歯形が残るくらい痛く。
痣になるのが嫌だけれど、このくらいで気が済むのならいいのかもしれない、
と思っている。

アームカットの経験もある。手首はちょっと手を洗うときにも人目についてしまって
嫌だから、あえて二の腕の上を斬った。ここ数年のことで、やめられたと思うと
またやってしまうことがある。
冬にはじめたときにはわからなかったけれど、
夏になったら短い半袖シャツが着られないことに気づいて、
慌てて七部袖シャツを買ったりした。

時々傷跡を見て「もう斬らないことにしよう」と言い聞かせる。

この雑誌で語られているCoccoの言葉を読んでみたいとも思うけれども、
触発されてしまいそうな自分が怖い。

自分を大切にしたいと思う。自分を大切にできないのに誰かを大切にできることなんてないから。
幸せになりたいと思う。自分にやさしくしたいと思う。
それなのにどうしてこんな曲がった形で感情を行動に現してしまうのかとつらい。
でもいつか幸せだと思えるようになりたいと思う。

実家には家を取り巻くぐるりのウッドデッキがある。
雰囲気いいけど、手入れは大変。。。
今日はそのウッドデッキに防腐剤を塗りました。
まず箒ではいて、木の隙間に入り込んでいる落ち葉や砂を
割箸で掻きだして、
表面にこびりついている苔や落ち葉を金だわしでこすって、
それから刷毛で塗る。ニス塗りみたいな雰囲気です。

けっこう大仕事でした。
実家では毎年やっているのですが、私は見るのも初めて。
二人で午後からやったのですが、雨ざらしになる痛みやすいデッキを優先したので、
屋根の下の部分は次回・・・・。

でもね、面白かったんです。きれいになったし。続きもがんばる!

ウッドデッキ090826_1.jpg
↑塗りたて注意
ウッドデッキ090826_2.jpg
↑塗ったの乾いてないから、まだ塗っていない白いところを歩いてね。

ねじばな

| コメント(4)

「ねじばな」という小さな蘭の花があって、とても好き。
実家の庭にも毎年どこかで花を咲かせるのに、今年は見当たらなくて
母は「もう終わっちゃったのかなあ・・・」と言っていたら、
昨日見つけました。

最寄の郵便ポストまで片道30分を歩いているうちにね。

小さくてきれいな花。
ほぼ日刊イトイ日記の記事「みちくさのなまえ」ネジバナ編
http://www.1101.com/michikusa/2009-08-11.html
を読むととっても面白いです。


ネジバナ.jpg

外国旅行に行くと必ずお金を残して持って帰ってくることにしている。
外国旅行に行く人には小銭をお土産にもらう。
旅行のお土産ものはいろいろ売っているけれど、私が好きなのは
お金、新聞、切手。絶対そこでしか手に入らないもの。
そして眺めて思いを馳せることができるもの。

それから、お金で買えないもの。
今までもらってうれしかったのはヨルダンの死海の水、チュニジアの砂漠の砂。
(両方とも海外旅行の好きなSさんにもらった)

今ひまだから、旅に出ようと計画中。お金はないからインドは無理かなあ・・・・
国内でずっと行きたかった場所に行きます。


外国のお金たち.jpg
今まで集めたりもらったりした外国のお金たち.
香港返還前のエリザベス女王Ⅱの2$硬貨が好き。

(やってない人にはわからない話でごめんなさい)
いやー、黒竜丸を倒して手に入れた宝の地図、世界中船で駆け巡ってもわからず、
クリア後じゃないといけないのかとも思っていたのですが・・・・
やっと発見!東ベクセリア地方の海沿いでした。
発見にあたってはドラクエ9攻略館http://draq9.com/takara/1.php
にお世話になりました。このサイトの地図はわかりやすくて探しやすいです!

地図の名前でWEB検索して探しても、同じ名前の別な場所の地図もあったりするそうで、
地道に地図をみて探すしかないのですね。うーん、やりがい!

というわけでこれから迷宮に乗り込みます。わーい♪
ざわめく花の地図Lv22.jpg

てっせん

| コメント(0)

実家の草ぼうぼうの庭でしそを摘んでいたら、
そこだけ凛として咲いていたてっせん。

てっせん.jpg

花言葉を調べたらいくつかあったけれど、
その中でも「旅人の喜び」という言葉が好きです。

-----------------
8月16日訂正。母に聞いたらてっせんじゃあなくて桔梗だそうです。
雑草に押し倒されて身をくねらせていたので勘違い・・・
ちなみに桔梗の花言葉は「気品」「誠実」。よいですね。

雨っぽい天気が続いたこの地だけれど、今日はすばらしい天気!
私の寝ている部屋には、天井近くに朝日の入る窓があって、
目覚めてカーテンをあけたら、そこから庭の木々を通して太陽が瞬いた。
布団に座ってみたら、向かいの壁に動く木漏れ日がすばらしくて、写真にとってみた。
木漏れ日.jpg

ずうっと眺めているうちに太陽が昇って、壁には映らなくなった。
素敵な一日のはじまりだった。

しそごはん

| コメント(3)

涼しい夏ですが、気分だけでも夏らしく!青紫蘇たっぷり料理を作りました。
友人に聞いた青紫蘇とシーチキンを酢飯で混ぜご飯にするもの。

庭の雑草に混じっている青紫蘇を探しては摘んで、
たくさんいれたほうが美味しいに違いない!と欲張ってつくりました。
ただ、暑くないせいか紫蘇の生長が悪いです。
摘むのに苦労しました。

でも美味しかった!混ぜるのがシーチキン、ってのがお手ごろ。
づけマグロにしたらご馳走になりますね。

青紫蘇を刻む
しそを刻む.jpg
できあがり
しそごはん.jpg

入院をきっかけにはじめたビーズ細工、
すこしづつ進歩していろんなものをつくっています。
パール粒を花びらにした花や、十字モチーフ。
花はおもちゃの指輪に、十字はキーホルダーにしました。

そして昨日から挑戦したのがおさかな。
こんな風にできました。
ビーズ魚090809.jpg

今までゴム紐かテグスを使っていたので、
これはワイヤーを使うところが初の要素。
なかなか慣れずにたわんだりぐちゃっとしたりしました。

でも苦労の末なかなかかわいくできたので満足。
ピアスにして自分でつけています♪
練習になったので次は友人のリクエスト赤いお魚(金魚みたいに?)の
ピアスを作ります。

今日は長崎を思う日。浦上天主堂に思いをはせます。

友人がつくったという日記に刺激されて、
実家は山奥。山椒の木がガンガン生えているので、
作らずにはいられないな~と思いました。

ご飯のお供に、酒の肴にちりめん山椒。
家族にも好評でうれしいです。

摘むから煮るまで、山椒の香りが広がって幸せな時間でした。


木に生っている山椒の実さんしょう外で.jpg

木から摘んだ山椒    さんしょう枝つき.jpg
下ゆで           さんしょう下煮.jpg

ちりめんじゃこと一緒に煮るさんしょう煮てる.jpg
できあがり          ちりめんさんしょう出来上がり.jpg

煮あげただけでしっとり仕上げたのと、
少しオーブンで焼いてぱらっとさせたのと2種類作りました。
どちらもおいしいです。
山椒がたくさんあるので、NHKレシピの倍以上山椒の実を入れて、
贅沢につくりました!

原爆忌

| コメント(0)

広島原爆忌で、
朝から記念式典の中継をみた。
8時15分に一緒に黙祷をした。

広島市長の話もよかったけれど、もっと胸に響いたのは、
小学六年生の男の子と女の子がはっきりした声で伝えた
メッセージだった。

この子供たちが大人になるときに、あと少しでいいから
世界が平和でありますようにと祈る。

人類がはじまったときから戦争はある。
戦争が完全になくなることがあるとは、私は思っていない。

ただ、戦争が「非戦闘員」を犠牲にするようになったのは
第1次世界大戦以降のこと。まだ歴史が浅いのだ。きっと取り返せる。
戦争は、戦争のルールに従って兵隊同士の間でやればいい。
そういう戦争のルールを人類は何千年も守ってきたのだ。

無差別爆撃機、地雷、核爆弾。
そういった非戦闘員を巻き込む兵器が現れたゆえに、戦争の形が変わった。
だから、そういう兵器は使わない約束をすればいい。
捨てればいい。
「核廃絶」はそんなところに目的があるのだと、
本当に個人的に、思う。

母は畑で自分ちで食べるくらいのじゃがいもを作っていますが、
今年は梅雨明けが遅くて、じゃがいもを掘り出してもなかなか乾かないのです。
湿ったまま保存すると長持ちせず腐ってしまうし・・・・。
冬までもたせたいですからね。

というわけで、外のデッキより乾燥しているリビングがじゃがいもだらけです。
母いわく、TVの発する熱でよく乾くそうなので、積み上げられています。

まだ土の中で掘られるのを待っているじゃがいももいるので、
明日晴れたら私も掘りに行こうと思います。

じゃがいも090805.jpgじゃがいも090805_2.jpg

実家では犬を飼っています。名前は「チェック」といいます。
田舎暮らしには番犬がいるととても役に立つのです。
この土地に実家が引っ越して10数年、三犬目。
ずっと芝犬ですが、やっぱり一頭一頭性格が違うもので、
このチェックは芝犬らしくなく、吠えないのです。
2歳ですが、生まれてから一度も「ワン」といったことが無い・・・・・・。
「[キャン」「キュン」「クーン」しか言えないのです。
おかげで母が飼っている鶏は狐に食べられてしまいました。
きっと狐が怖くて隠れていたに違いない。
いったい自分の仕事を何だと思っているのでしょうね?(笑)

チェック.jpg
珍しくカメラ目線。

というわけで臆病者のチェックはどちらかというと
愛犬向きの性格で、大好きな人が来ると
「きゅん、きゅん!!」とじゃれついて遊びをせがみます。

先代の番犬ビッグは良く吠える犬でした。
おかげでわが娘は赤ん坊のころから散々こわい思いをさせられ、
犬嫌いの節があったのですが、チェックのことは大好き。
「チェックー、散歩いくよ~」と自分でリードを握って
一緒に駆けていくようになりました。

そんな娘は今頃父の実家に遊びに行っています。
楽しく過ごしているといいな。

やっと今日からドラクエはじめました。
これまでのシリーズではいつも主人公を「トーヤ」にしていたのだけれど、
今回のキャラクター構成、仲間作り構成はだいぶ違うので、
思い切って本当にわたしの一人称「ミチカブラ」という女性にしてみました。
容姿作りは、わたしの幼いときからのあこがれである
緑の短い髪に緑の目で。かなり嬉しいです。

学生の時に緑のヘアマニキュアをしたのだけれど、わたしの丈夫な黒髪は
どうしても色が抜けない、のらない、で結局かなわなかった夢なのです。

さて、やっと仲間が作れるところまで話が進んだので、いったんゲームを中断して
どんな仲間をつくるか考えています。
「トーヤ」という男が戦士か僧侶で存在する、ってことは
決めているのだけれど、あと魔法使いの女が欲しいしなあ・・・・・悩む悩む。
この作業、自分で小説の登場人物を作っているようなものなんだな、きっと。
わたしは今ひとりひとりの人生背景とキャラクタ付けを頭の中でしようとしているもの。

何が起きるか分からないこの先の冒険に、ルイーダの酒場で巡りあう仲間と
一緒に旅立つ。。。。。人生って不思議だなあ、と素直に思う。

>やってる方へ。
あ、公式モバイルサイト「星空の仲間たち」って、
興味津々でいるのですが実際のところどうなのでしょう?
冒険進んでて使っている方、面白さと使い勝手あたりを教えていただけると嬉しいです。
あ、リッカの宿屋ですれ違ったりもしたいですね!